×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

ノックアウトドラム(ミストセパレート)の設計法



ミストセパレーター(気液分離)設計シートVer2.0
のダウンロードはこちらをクリックしてください。
1)目的
流体中のミストを除去します。(液体、固体を問いません)
1〜100μm程度のミストを除去する事が可能です。
2)実例
流量8000m3/hで流れている空気中のミストを除去します。
ミストは、100μm程度の水とします。
これに必要なミストセパレータの概略の大きさを設計します。
3)計算式

求めたUmax以上になると、ミストは沈降せずにガスと一緒に
運ばれてしまいますので、この値以下になるようにドラムの径
を決定します。
Kの値は、採用するワイヤーメッシュデミスターによって適当な
値を使用します。
4)ミストセパレーター設計シートに以下の値を入力します。
5)OUTPUT
100μmの水のミストを粗く除去するであれば、内径1400mm
のドラムを設置すればOKです。
次に、内部にデミスターを組み込んだ場合を計算します。

の値を使用します。
内径1130mmのドラムに「SL-style」のデミスターを付属した
機器を設置すればOKです。デミスターを付けたことで、単なる
容器の場合よりも、機器径が260mmも小さくなります。また、
ミストの除去も95%〜99%の高効率で8μm程度のミストまで
除去可能となります。
デミスターを使用するかどうかは、プロセス上の要求から決定
します。デミスターは詰まり発生の問題や、メンテナンスが発生
しますので、プロセス上厳しい要求がない場合は単純な容器で
対応した方がよいと思います。